良質な矯正治療を求めるならまずは、よい矯正歯科医院選びを

こどもの矯正治療ガイド HOME > 矯正治療での歯医者さん選び

矯正治療での歯医者さん選び

矯正歯科医院を選ぶ基準は?

矯正歯科医院を選ぶ基準は?

ひと昔前に比べると格段に矯正治療が社会から認知されていると感じている方も多いのではないでしょうか? 最近は矯正治療を受ける患者様が増え、矯正歯科が身近なものとなっています。それにともない矯正歯科を謳う歯科医院が増える半面、どこで治療を受けたらいいのか判断しづらくなっているのも現実です。

そこで当サイトでは、矯正歯科医院を選ぶ基準となる4つの条件をご提案しています。以下の4つの条件をすべてクリアするような矯正歯科医院での治療であれば、満足できる結果を得られる可能性が高くなります。

日本矯正歯科学会の専門医資格を有していること

現在、日本矯正歯科学会では歯科医師に対する資格制度を制定しています。矯正治療に関して適切な経験を有し、さらに十分な学識と技術を持つ歯科医師を「専門医」と認めています。

あなたが今かかろうとしている矯正歯科医院に有資格者がいるかどうか、あらかじめ確認してみるといいでしょう。日本矯正歯科学会のホームページで調べることができます。

>> 「矯正専門医」についてさらにくわしくはこちら

きちんとした精密検査とそれに基づいた治療方針の説明

矯正治療をはじめる前にはきちんとした精密検査が必要です。以下のような精密検査に基づいた確かな診断によって治療計画が立てられている医院を選びましょう。

1.正確な模型作製
2.顔面・口腔内の撮影
3.歯と顎のレントゲン撮影
4.頭部の骨と上下顎骨との位置的関係や歯の傾斜を見るレントゲン撮影
5.顎関節のレントゲン撮影、顎機能検査などを行う

インフォームド・コンセントを重視した医師がいる

インフォームド・コンセントを重視した医師がいる

一般的に矯正治療が終了するには数年間かかります。その間に患者様と医師との意思疎通ができていないと不安感や不信感が募り、よい治療結果を得られないことがあります。治療を受ける前の段階で、担当の医師が信頼できるかどうかを確認することも大切です。

患者様に治療方針や治療目的だけではなく、治療の問題点などのデメリットも隠すことなく明確に伝え、患者様自身で治療に同意していただくことを「インフォームド・コンセント」といいます。

主訴や要望、質問などをきちんと聞いてくれ、わからないことは何度でもわかりやすく説明してくれる。それを踏まえて患者様にふさわしいと考えられる治療法を検討して、すべて提示してくれる。そして患者様自身が治療法を選択できるような環境を提供してくれる。これらが重要です。

あなたが今かかろうとしている歯科医院にはインフォームド・コンセントを重視している医師がいるのかを見極めましょう。

「矯正歯科」だけを標榜している医院である

「矯正歯科」だけを標榜している医院である

矯正歯科の診療科目を設置している歯科医院は多くありますが、どの医院でも同じ治療を受けられるとは限りません。実は現在の歯科医師法では、歯科医の資格があれば誰でも「一般歯科」「矯正歯科」「小児歯科」「口腔外科」の4つの歯科診療科目を掲げて開業できます。つまり、矯正治療の実績がなくても「矯正治療を行っている」といえるのです。

診療案内に「矯正歯科」だけを掲げている、もしくは一番はじめに記載している場合は、先生がほかの診療科目より矯正歯科の経験が多く、もっとも得意としていることを意味しています。

カウンセリング予約・診療予約はこちらから