自分の歯並びを再確認!

こどもの矯正治療ガイド HOME > あなたの歯並び診断

あなたの歯並び診断

悪い歯並びのセルフチェック

悪い歯並びの症例にはいくつものパターンがあります。あなたもご自分の歯並びを確認してみてください。以下の症例に該当するようであれば、矯正治療の必要があるかもしれません。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

八重歯などのように歯と歯が重なり合う部分が多く、ガタガタに乱れた歯並びの状態。歯の清掃性が悪く、虫歯になりやすく歯肉炎をおこしやすい。

すきっ歯

すきっ歯

歯と歯の間の隙間が空いている状態。見た目も美しくありませんが、食べかすが詰まりやすく、不衛生になりがち。発音に影響が及ぶことも。

上顎前突

上顎前突

いわゆる出っ歯のことです。上の歯、または上の顎が前に飛び出している状態。上の前歯をぶつけやすく、口が閉じにくい。

下顎前突

下顎前突

いわゆる受け口のことです。下の歯、または下の顎が前に飛び出している状態。発音に影響が及ぶことも。

上下顎前突

上下顎前突

上下の歯、または上下の顎が前に飛び出している状態。唇をけがしたり、前歯がぶつかったりして折れやすく、口があきやすい。

過蓋咬合

過蓋咬合

上の歯が下の歯に大きく被さっている状態。咬み合わせが深く、歯が擦り減ったり、歯ぐきを傷付けたりすることがあります。

開咬

開咬

上下の歯を咬み合わせても、前歯同士が咬み合わない状態。発音に影響が及ぶことが多い。咀嚼能力が低下します。。

交叉咬合

交叉咬合

奥歯の上下で咬み合わせが逆になっている状態。右左両方で逆になっている時もあれば、片方の時もあります。顔のゆがみを引き起こします。

鋏状咬合

鋏状咬合

上下のそれぞれの奥歯が外側・内側にすれ違って噛めていない状態です。安定した咬み合わせが得られず、食べものが噛みにくくなります。

顔と顎の形とバランス

顔を正面から見たとき

顔と顎が左右にずれていないか、口を閉じたときおとがい部(下顎の先)に梅干し状のしわがないかどうかがチェックポイントです。

顔を横から見たとき

顔を横から見たとき

顔を横から見た時の鼻の先端から顎の先を結んだライン、それが「Eライン」です。日本人の場合は、この「Eライン」に対して上唇が1~2mm後方、下唇はほぼライン上にあることが、もっとも美しい横顔だとされています。このチェックは、口元が整っているかどうかを判断する基準となっています。なおこどもでは上唇が少しEラインの前にあります。

カウンセリング予約・診療予約はこちらから