治療後もずっと、キレイな歯並びのままで

こどもの矯正治療ガイド HOME > 矯正後の保定・メインテナンスについて

矯正後の保定・メインテナンスについて

理想の歯並びを手に入れた後は~保定について~

理想の歯並びを手に入れた後は~保定について~

矯正治療によって理想の歯並びを手に入れたら、保定期間に入ります。実は、2~3年の治療期間を経て完了した歯並びであっても、装置を外した後何もしなければ移動した歯は必ず元に戻ろうとします。そのため矯正歯科では、保定装置を使って治療後の歯並びを安定させています。

当サイトの監修医である「たまプラーザどう矯正歯科」では、矯正治療後の歯並びが元に戻らないよう、装置を外した後2年間の保定期間を設け保定、3ヶ月に一度の定期検診の受診を推奨しています。経過を見ながら保定装置を調整したり変えたりしながら、より咬み合わせが安定するよう処置を施します。

メインテナンスの重要性

メインテナンスの重要性~保定期間後~

2年間の保定期間後も、就寝時には保定装置を付けていただきます。長ければ長いほど咬み合わせが落ち着きます。親知らずがある方は、先生の指示に従って受診をおすすめしています。矯正歯科での定期的なメインテナンスは大切です。矯正治療中には気を付けていたはずの虫歯や歯周病の予防も、矯正治療後はメインテナンスを怠ってしまいがち。そのため、虫歯や歯周病が発症しやすくなってしまうのです。

せっかく何年もかけて矯正治療をすすめてきて歯並びがキレイになったのに、虫歯や歯周病で歯を失ってしまうのはもったいない話です。こちらでは、矯正治療後のメインテナンスについてご紹介します。

具体的なメインテナンス

定期検診

矯正治療後の定期検診では、お口の健康状態や治療後の歯列のチェックを行います。こういった検診を行うことで、悪くなりかけた口腔内の状態に早期に対処できます。そのため定期的に継続することが大切なのです。

歯に異常を感じた時だけ歯科医院に通うのではなく、定期的に検診を受けましょう。定期検診で適切なメインテナンスを行えば、歯列の乱れや虫歯・歯周病を予防できます。
※親知らずがある方は、最低でも1年に一度は受診をおすすめしています。

PMTC

PMTC

PMTC

PMTC

PMTC

PMTC

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医師や歯科衛生士が、特殊な専用器具を使って行う歯のクリーニングのことです。普段歯ブラシが行き届かない歯と歯の間や、歯と歯ぐきの境目のプラーク・歯石をキレイに除去できます。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

虫歯や歯周病の予防の基本といえば、ご自身で行うブラッシング。毎食後、手軽にできる予防といえますが、意外に正しいブラッシングができていない方が多くいらっしゃいます。また、矯正治療後、歯並びがそれまでと変わっているため、なおさら正しいブラッシング方法を知る必要があるのです。

歯科医院では、歯科医師や歯科衛生士が正しいブラッシング法をお教えしています。ご自身で正しいと思っていた自己流のブラッシングは、実は間違っていることも。一度ブラッシング指導を受けて、セルフケアを見直しましょう。

カウンセリング予約・診療予約はこちらから