小さなこどもの矯正治療

こどもの矯正治療ガイド HOME > 早期治療(第一段階の治療)について

早期治療(第一段階の治療)について

早期治療(第一段階の治療)とは

早期治療(第一段階の治療)とは

早期治療(第一段階の治療)は、乳歯列期および混合歯列期の治療でその目的は、顎の成長・発育を妨げている原因を早期に取り除くことにより、正常な発育に導いてあげること、例えばこどもの頃の悪習慣によって異常な方向に変形してしまった形態を正常な方向に導くことです。そして、本格治療(第二段階治療)を容易な治療へと誘導するためのものです。




たまプラーザどう矯正歯科の早期治療の特徴

「矯正治療を早くにはじめたほうが、抜歯の可能性が低くなる、と聞いたのですが……」とよく相談されますが、一概に正しいとはいえません。永久歯の生え具合や顎の成長度合いなどによって、治療の開始時期は異なるのです。

早期治療の適応症は?

1. 部分的な治療だけで改善すると思われる症例
2. 本格治療まで放置することによって悪化するだろうと思われる症例
3. 機能的に問題がある症例(悪習慣や舌癖など)
4. 本格治療だけでは改善不能な症例
5. 上顎と下顎に骨格的なズレがある症例
6. 狭くなっている歯列弓をわずかに側方拡大する症例

歯並び・咬み合わせの重要性

歯並び・咬み合わせの重要性

乱れた歯並びを放っておくとさまざまな影響を及ぼします。見た目のコンプレックスによって精神的な負担になるばかりではなく、さまざまなリスクを負うことにもなるのです。

乱れた歯並びが及ぼす代表的な全身への影響

  • 虫歯や歯周病のリスクが高まる
  • 発音障害を起こすことがある
  • 消化不良を起こすことがある
  • 歯が折れる、欠けるなどのリスクが高まる
  • 唇や舌などの軟組織を傷付けやすい
  • 顎の成長に影響を及ぼす
  • 異常な嚥下行動やさらなる不正咬合を引き起こす
  • 舌癖などの悪い癖がさらに口腔内の機能を悪化させる

>> それぞれの影響についてくわしくはこちら

歯並びや咬み合わせが悪いと、ずっと心理的な悪影響を引きずること、虫歯や歯周病、顎関節症へのリスクを高め続けることになってしまいます。しっかり噛める歯、虫歯や歯周病になりにくい歯を目指すため、矯正治療をご検討ください。

カウンセリング予約・診療予約はこちらから